はなはなショップ

バラ苗4本(新苗は5本)以上送料無料 ※種類(秋苗、大苗、裸苗、新苗)が同一の場合 バラ苗以外7,000円(税込)以上

はなはなショップは、毎年「国際バラとガーデニングショウ<西武ドーム>」に出店しております。

知っておきたい「たい肥」と「肥料」の違い

2016.02.24

ときどき、「たい肥」を使ったら「肥料」は要らないと思っている方がいらっしゃるので、

今回は、「たい肥」と「肥料」の違いについて、簡単に説明します。

 

まず、「たい肥」って何?というところから。。。

バラのたい肥

たい肥成分表

↑↑↑「特選有機バラのたい肥」(お徳用20Lも中身同じ)の主原料は、牛、豚、鶏のフン(糞)です。

※フン(糞)なのに、イヤな臭いが全くなく、サラサラなのは、発酵が終わっているから。

 

庭土に、たい肥を混ぜると、動物のフンが土中で微生物のエサになり、

いろいろな微生物が活発化して、力のある土になっていきます。

力のある土は、病気を抑制し、水もち、水はけを良くし、肥料を溜めておく力を高めます。

よって、植物の根の環境が良くなり、植物が健康に育ってくれるようになるワケです。

 

つまり、「たい肥」は、植物が健康に生育するための“土づくり”に使うものです。

ですから、「バラのたい肥」とバラ専用のような名前が付いていますが、

バラ以外の草花や家庭菜園の“土づくり”にもご利用いただけます。

 

 

一方、「肥料」の役割は、ひとことで言うと“養分の補助”です。

 

野生の植物は、わずかな栄養分でも育ちますが、

大きな花や実を付けるように改良された園芸品種は、自然界の栄養分だけでは足りません。

不足すると、生長不良になり、花や実も貧弱になります。

これを補うために、人が「肥料」を与えるわけです。

 

例えば、「花ごころ バラの肥料」↓↓↓は、

有機質の油かす、魚かすなどに、化学成分を混ぜたもので出来ています。

バラの肥料

 

では、先ほどの「バラのたい肥」と「バラの肥料」の成分表を比較してみましょう。

たい肥の成分表

肥料の成分表

↑↑↑↑肥料の方が、栄養素(チッソ・リン酸・カリウム)が高いのが分かります。

 

ですから、肥料をやり過ぎると“肥料やけ”といって、植物が弱ったり、枯れたりすることがあるのです。

人間の食べ過ぎと一緒ですね。

 

肥料は、使っている袋をよく見て、規定量を守りましょう。多過ぎるより、少ない方が安心です。

あと、ゆっくりと効く有機質の肥料を選ぶことも重要ですね。

 

あわせて読みたい関連記事

ページのトップへ