はなはなショップ

バラ苗4本(新苗は5本)以上送料無料 ※種類(秋苗、大苗、裸苗、新苗)が同一の場合 バラ苗以外7,000円(税込)以上

はなはなショップは、毎年「国際バラとガーデニングショウ<西武ドーム>」に出店しております。

バラ苗、庭への植え付け方法&「バラのたい肥」の使い方

2016.01.12

前回は、鉢への植え付け方法を説明したので、今回は庭や花壇への植え付け方法を紹介します。

途中で「バラのバイオキャッチ」も使っていますから、持っている方は使ってみてください。

 

まず用意するものから。

バラの植え付け

「大苗」もしくは「裸苗」/バラのたい肥お徳用20L/水を入れたバケツ/バラのバイオキャッチ

 

今回ご紹介する植え付け方は、「大苗」(12月~2月お届け)と「裸苗」に共通です。

理由は、このあと説明します。

「大苗」と「裸苗」

 

まず最初に、苗を浸けておく水の準備です。

水には、「バラのバイオキャッチ」を附属スプーン3杯溶かします。↓↓↓↓↓

※「バラのバイオキャッチ」は、土の中の微生物の動きを活発にして、

根の伸びを良くしてくれる土壌改良材です。

バラのバイオキャッチ

 

「大苗」は、苗を鉢から外します。取り出した途端、下の方の土がバサッと崩れるはずです。

これは、12月に鉢へ入れたばかりで、まだ根が回っていないためです。

12月~2月にお届けする「大苗」はこの現象が起こりますが、問題ありません。

また、崩れた土は、植え付けに使っていただいて大丈夫です。

大苗の植え付け

 

土が取れて、「裸苗」と同じ状態になりました。↓↓↓↓↓↓↓↓

これが、“「大苗」と「裸苗」の植え付け方法は一緒”と言った理由です。

バラの「大苗」

 

根が乾かないように、すぐ「バラのバイオキャッチ」入りの水の中に浸けます。

少なくとも1時間は浸けておきましょう。

バラの苗の根を水に浸ける

 

その間に、植える穴を掘ります。幅も深さも30㎝~40㎝必要です。

「大苗」「裸苗」の植え付け

 

穴が掘れたら、穴に「有機特選バラのたい肥」をサラサラ~っと入れます。

1つの穴に必要な堆肥は、約5L。同じ中身の「バラのたい肥お徳用20L」だと4本分あります。

(「バラのたい肥お徳用20L」がお得です。もし余ったら、マルチングに使いましょう!)

バラのたい肥

掘った庭土を穴に戻して、たい肥と混ぜ合わせます。↓↓↓↓↓↓

バラのたい肥

 

穴の用意が出来たので、苗を水から出し、

バラのバイオキャッチ」を附属スプーン3杯、根に振りかけます。

バイオキャッチの使い方

 

苗の向きと高さを決めたら、根をなるべく広げて、土をかぶせていきます。↓↓↓↓↓↓

「裸苗」の地植え

 

完成はこんな感じ↓↓↓↓↓↓

バラの植えつけ

こうしておくのは、この後の水やりのため。

すり鉢のような形を作ることで、水が流れ出さず、根元までしっかり染み込みます。

 

苗を浸けていた、「バラのバイオキャッチ」入りの水を全てかけます。

土手を作っておくと、水が流れ出さないのが分かります。↓↓↓↓↓↓

バラ苗の植えつけ

植え付け完了。

 

さあ、あとひと手間です。

このまま春を迎えて花を咲かせると、ヒョロ~んと上の方に花が咲いて恰好悪くなるので、

もう少し枝を短くしておきます。

植え付け後の剪定

これくらいの長さにしておきましょう。↓↓↓↓↓↓

「大苗」「裸苗」植え付け

 

「大苗」「裸苗」の植えつけは、2月中に終わらせましょう。

3月になると、芽吹いてきちゃいますので。。。

 

 

あわせて読みたい関連記事

ページのトップへ