はなはなショップ

バラ苗4本(新苗は5本)以上送料無料 ※種類(秋苗、大苗、裸苗、新苗)が同一の場合 バラ苗以外7,000円(税込)以上

はなはなショップは、毎年「国際バラとガーデニングショウ<西武ドーム>」に出店しております。

若葉が出たら、「うどん粉病」「アブラムシ」に注意!

2016.03.07

週末から気温がグンと上がったので、一気に若葉が出てきました。↓↓↓↓↓

バラの若葉

モーリス・ユトリロ(デルバール)

 

プティカドゥ

ポルト・ボヌール(プティ・カドゥ)

 

バラの若葉

パトラッシュ(ヤンスペック)

 

気温が高くなると、病気や虫も活動を始めます。

 

3月に現れるのは、「うどん粉病」と「アブラムシ」。

昨年は、3月27日にアブラムシ第1号が出ました⇒ https://www.hanahana-shop.com/shop_blog/rose/20160327/

でも、アブラムシは「アタックワンAL」を散布すれば一瞬で退治できるので、

そんなに怖がる必要はありません。

 

やっかいなのは「うどん粉病」の方です。

発生すると、アッと言う間に広がって、なかなか治まってくれません↓↓↓↓↓

バラのうどん粉病

 

ですから、まずは「うどん粉病」予防をしっかりやりましょう!

 

「うどん粉病」は、雨が少なく曇天が続くと発症しやすくなります。

日当たりの悪い場所や風通しの悪い場所は、特に注意が必要です。

 

ここで役立つのが、「バラの活力液」。

抗菌効果のある銀イオン入りの液体が、葉に付いた菌を洗い流してくれます。

 

使い方は、とっても簡単!

スプレー式の「バラの活力液」を、若葉にシュッシュッとかけるだけです↓↓↓↓↓

バラの活力液

 

バラの活力液使い方

 

しかも、手袋やマスクは必要ありません。素手で作業してOK。

この液体は農薬ではないので、手にかかっても大丈夫なんです。

バラの活力液

葉の裏の葉脈が開く夕方に、液がしたたり落ちるくらい、

たっぷり散布するのがコツです。葉裏にもかけましょう。

 

予防ならば、週3回を目安に散布します。

もし発生してしまったら、見つけ次第スグに発生源を処置します。

白い粉が風に乗って広がるので、「まぁ、明日でいいか」と思っていると、あっという間に広がってしまいますよ。

 

ティッシュに「バラの活力液」を染み込ませて、↓↓↓↓↓

バラの活力液

白くなった葉をふき取ります↓↓↓↓↓

バラの活力液使いかた

そのあとは、毎日散布しましょう。

農薬ではないので、どれだけ散布しても問題ありません。

 

私たちも、今日から「バラの活力液」使い始めました。

皆さんも一緒に、シュッシュッしましょう!

 

◆バラの活力液はここから買えます↓↓↓↓↓

https://www.hanahana-shop.com/SHOP/99292/list.html

あわせて読みたい関連記事

ページのトップへ