有機質のたい肥で、バラ好みの土に改良

【容量】2L
【主な原料】牛ふん、おがくず、ワラ類、カキ殻

年に1度鉢のバラを植替えするのは、栄養がなくなり、水はけの悪くなった土を、養分たっぷり、ふかふかの土に交換してあげるためです。地植えのバラも同じように、土のリフレッシュ(土壌改良)してあげましょう。 「花ごころ バラの熟成たい肥」は、醗酵・乾燥させた牛ふん主体。これは、牛ふん堆肥に含まれるアンモニア成分を、バラが好んで吸収するためです。牛ふんといっても、時間をかけてじっくり自然乾燥させてあるので、臭いの心配もありません。 さらに、カキ殻から採れる天然カルシウムを配合。豊富なカルシウム成分が、植物の細胞を強くし、病気になりにくい健康な株に育てます。


スタッフレビュー

地植えでバラを育てている方に、特におすすめ。バラは他の樹木に比べて水や肥料をたっぷりやって育てるので、土が古くなりやすいと言えます。古くなった土は、固く締まって水や空気の通りが悪く、有機質が分解されてしまっていて、栄養分も不足気味です。それでは根が十分育たず、ベイサルシュートが出なかったり、弱々しい枝になったりして、結果として花が小さかったり、少なかったり、病害虫に弱い樹になったりします。そこでバラの休眠期に、「花ごころ バラの熟成たい肥」を使って、古くなった土を生き返らせましょう!

商品情報にスキップ
1 2

はなはなショップ

花ごころ バラの熟成たい肥2L

花ごころ バラの熟成たい肥2L

通常価格 396 円
通常価格 セール価格 396 円
セール 売り切れ
税込

返品期限・条件

返品についての詳細はこちら

この商品について問い合わせる

詳細を表示する
No reviews