はなはなショップ

バラ苗4本(新苗は5本)以上送料無料 ※種類(秋苗、大苗、裸苗、新苗)が同一の場合 バラ苗以外7,000円(税込)以上

はなはなショップは、毎年「国際バラとガーデニングショウ<西武ドーム>」に出店しております。

スタンドトレリスで、春は豪華に!

2018.01.11

スタンド式トレリスって、ご存知ですか?

こういうものです↓↓↓

つるバラの誘引

トレリス180/240用スタンド

これなら、

「誘引する場所がないから、つるバラは無理」

「鉢植えだから、大きくなるバラは無理」

と思っていた方も、豪華に咲かせることができますね。

 

でも、

「難しそう…」

「やったことがないから、分からない…」

と不安で、一歩が踏み出せない方、いらっしゃると思います。

 

そんな方は、この冬、私たちと一緒に始めませんか?

一緒に、スタンドトレリスで咲かせる方、限定20名様大募集です!

↓↓↓↓ なんと、普段より3,764円もお安く買えるんです!

 

長尺苗セット

ショップブログを見ながら、植えつけから日々のお手入れまで、

一緒にやっていけば良いので、初めてでも安心です。

 

さっそくスタートしましょう!

まずは、用意するもの↓↓↓

スタンドトレリスの誘引

長尺苗(ローズポンパドゥール)/トレリス180cmトレリススタンドデルバール12号鉢バラの土20L

くり返し使える鉢底石剪定ばさみ手袋(土を触るもの・棘を通さないもの)/スコップ

 

まずは、鉢に苗木を植え付けましょう。

くり返し使える鉢底石」を3袋、並べます↓↓↓

くり返し使える鉢底石

 

そこに、「バラの土」を、鉢の半分くらいの高さまで入れます↓↓↓

バラの植えつけ

 

長尺苗を横に倒し、両手で鉢を潰すようなイメージで体重をかけると、↓↓↓

バラの植え替え

苗木が抜けます↓↓↓

バラの植え替え

 

抜けたら、古い土と根を落とします↓↓↓ 結構固いので、スコップを使って崩していきます

バラの植え替え

これくらいまで、古い土と根を取り除きましょう↓↓↓

バラの植え替え

 

鉢に入れて、高さと向きを調節します↓↓↓

バラの植え替え

決まったら、足りない土を入れていきます↓↓↓

バラの植えつけ

 

流し入れただけだと、後から土が沈むので、手でしっかり抑え、線まで入れます↓↓↓

バラの植え替え

 

植えつけは、これで完了↓↓↓

バラの植えつけ

 

次は剪定。使えない枝を切ってしまいます。

 

「ローズ・ポンパドゥール」は大輪バラなので、細い枝に花は咲きません。

花が咲かない枝を残すと、そこにも栄養が運ばれてしまい、無駄になります。

良い枝に栄養を集めるため、不要な部分は切ってしまいます。

花が咲かない、上部の細い枝はカットします↓↓↓

バラの剪定

若くてヒョロヒョロの枝は、不要↓↓↓

バラの剪定

枝先は、これくらいの太さにします↓↓↓

バラの剪定

切ったらいいかどうか迷った場合は、

後でも切れるので、とりあえず、そのままにしておきましょう。

葉が残っていたら、手でちぎりましょう↓↓↓

バラの剪定

これだけ切りました↓↓↓

バラの剪定

 

では、スタンドの組み立てに入ります。

箱から出して↓↓↓

トレリススタンド

ネジを4カ所回すだけ↓↓↓ ※ドライバーが必要です

組み立て

土台部分は3分程度で出来ます↓↓↓

組み立て

トレリスを挿せば完成↓↓↓

スタンドトレリス

 

いよいよ、誘引です。

鉢を土台に置きます。鉢に正面があれば整えます。誘引した後は動かせません↓↓↓

バラの誘引

誘引ひもは、「ソフトタイ」を使うと簡単ですよ↓↓↓

誘引ソフトタイ

 

どの枝から誘引していくか?

太い枝から誘引していきましょう。

太い枝には良い花が咲くので、花が咲いて欲しいスペースに配置します↓↓↓

バラの誘引

 

思いのほか枝は曲がりますから、位置を決めたら、ゆっくり倒しましょう↓↓↓

バラの誘引

 

左から右へ、右から左へ、S字を描くように、ソフトタイで留めていきます↓↓↓

バラの誘引

 

つるバラの誘引

残った枝は、空いている場所に配置します。

 

これで、スタンド式トレリス仕立ての完成!

トレリス仕立て

 

最後に、鉢底から出るまで、水をたっぷりやっておきましょう!

バラの植えつけ

 

私たちのかかった時間は、1時間半でした。

 

このあとのお手入れ方法も、ブログ記事にしていきます。

 

今回使ったものをセットにし、限定20セットの特価にしました。

トライしたい方、今がチャンスです!一緒に始めませんか?

長尺苗セット

あわせて読みたい関連記事

ページのトップへ